矯正知識

インビザラインって何?マウスピース矯正初心者さんに解説します

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マウスピース矯正と言えばインビザライン、という言葉を連想しませんか?

でもそもそもインビザラインって何?「インビザライン=マウスピース矯正」?それとも会社名なのか、はたまたマウスピース自体の名称なのか…

という疑問にお答えします!

インビザラインってなに?

インビザラインの解説

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジー社が製作するマウスピース型矯正装置のことです。マウスピース業界で常にトップを走り続ける世界シェアNo.1のマウスピースで、マウスピース矯正のなかで最も信頼のおけるブランドと言っても過言ではないでしょう。それゆえ国内にも取り扱い医院が最も多く、価格も高額であることが多いです。

なお日本法人名は、インビザライン・ジャパン株式会社です。

インビザラインってどのくらいお金がかかるの?

日本における歯列矯正は自由診療のため、クリニックによって価格が変わります。

…が、それだと回答にならないので、あくまでぴいこママ調べにはなりますが、インビザラインによるマウスピース矯正を行うとなると、100万円程度のところが多い印象です。

ざっくりですが、マウスピース製作に80〜90万円程度+調整による通院で10万円程度の計算です。

私自身もマウスピース矯正をしよう!と決意したときに、一番最初に訪れたのはインビザラインを扱う矯正専門歯科でした。こちらでの料金プランを参考に載せますね。

ぴいこママが訪れたクリニックの場合

初回相談料無料
検査料(初回のみ)10,000円(税込11,000円)
診断料(初回のみ)30,000円(税込33,000円)
矯正基本施術料800,000円(税込880,000円)
処置料6,000円(税込6,600円)

処置が月に一回、治療が2年間として計算すると

10,000+30,000+800,000+(6,000×24ヶ月)=984,000円(税込1,082,400円)

2年間の治療ののち、保定期間がその後2年続きます。その間も3ヶ月に一度ほど通院することになることを考えると、総額はもう少し高くなりそうです。

インビザラインのメリット・デメリット

(※マウスピース矯正のメリット・デメリットについては「マウスピース矯正とワイヤー矯正、どっちがオススメ?比較してみました」を読んでください)

メリット

世界No.1シェアであることから、信頼度が高い

・全顎矯正の場合、マウスピースの枚数がほぼ無制限

・幅広い症例に対応できる

・取扱クリニックが全国にたくさんある

デメリット

料金が高額

・一部、対応できない症例もある

「マウスピース矯正といえばインビザライン」と言うほど、信頼と実績があります。そのためマウスピース矯正を行っている多くのクリニックで取り扱いがあります。そのブランド力から、料金が高いのが難点です。

全顎矯正の場合、使用するマウスピースの枚数が格段に多いのも魅力で(実質枚数は無制限)、理想の歯並びになるまでしっかりと治療することができます。※部分矯正プランの場合には枚数制限があります。

インビザラインはどんな人に向いている?

インビザラインが治療できる症例は幅広いため、どんな方でも向いていると言えます。

ただやはりマウスピース矯正では治せないような症例もあるのも事実です。

その場合はワイヤー矯正を行ったり併用したり、場合によっては外科手術が必要など、他の治療法を検討する必要があります。このあたりはクリニックの判断となりますので、一度矯正歯科医に相談してみましょう。

また反対に、そこまで歯並びがそこまで悪くないという方であれば、インビザラインほどお金をかけずに済むかもしれません。今はリーズナブルに矯正を行えるマウスピース矯正がたくさんありますので、そうしたものも選択肢に入れてみましょう。

【結論】インビザラインって結局いいの?

いいです!

と、やっていない私が言うのもなんですが、インビザラインを取り扱うクリニックの先生方全員に「すべてキレイに並べたいのであればインビザラインが一番」と言われました。

それは決して売り上げをあげたい一心ではなく(と思いたい)、枚数に制限がなく精度も良いため、矯正に通う方が満足した仕上がりまで持っていけるのが、インビザラインということだと思います。

ただ100万円となるとワイヤー矯正と同じくらいの額です。歯列を正しく並べたいのであれば、マウスピースよりワイヤー矯正の方が歯列矯正としての歴史が長く、精度も高いのです。

ただマウスピースとワイヤーだと見た目や日常生活が大きく異なってくるので、ワイヤー矯正のメリット・デメリットも理解した上で、どちらにするか考えてみてください。

【体験談:インビザライン】後戻りしないためのポイントを教えてもらいました 私が最初にマウスピース矯正相談に行ったのは、2023年3月のこと。 娘ぴいこがワイヤー矯正を始め、みるみる歯並びが良くなっていく...

▼応援ポチっとお願いします!▼

ABOUT ME
ぴいこママ
真ん中子♀がワイヤー矯正を始めて、歯並びがキレイになったのを見て羨ましくなった人。見た目もそうだが、歯列矯正で健康な歯を目指す。現状歯並びは叢生・反対咬合。 ▶︎現状と問題点▶︎ 上の前歯2本が反対咬合/左上の歯が1本内側に倒れている/右下の歯が1本内側に倒れている/奥歯の噛み合わせはいいらしい/下アゴの骨隆起がすごい。無意識の食いしばりが原因と思われる/食いしばりがあるので、顎関節症になるリスクがあるらしい